スタバ作戦にまんまとはまるの巻

いよいよ、年内営業日は残り2日!!
明日(もう今日だけど)は24日、クリスマスイヴですね。
一人カウントダウン、ということで年末まで毎日日記書きます!

今日は店が閉店後、スカイビルのクリスマス見に行ってきました。
毎日、家と店とを原チャで往復しているので、華やかなクリスマスイルミネーションとか、街のクリスマスディスプレイをほとんど見ることがないまま地味な生活送っていたのですが、せっかくだし1日ぐらい街のクリスマス気分を味会わなくっちゃ☆とでかけてきました。

人多かった!ツリーは相変わらず高くってきれいでした。
ドイツのクリスマスとうたっているけど、アジアやロシア系の雑貨率が多くて、何もゲットできずじまいでしたが、まあなんとなくお祭り的雰囲気を味わえたので、ヨシとすることにしました。
もっとドイツのかわいい雑貨がいっぱいあったらいいのに・・。
お店が全部、有馬玩具博物館のお店だったらいいのに・・。
出張で販売しにきてくれたらいいのに・・ああ、有馬玩具博物館!
有馬温泉より、有馬玩具博物館に行きたい!!
そしてドイツのエルツ地方に行って、ドイツのおもちゃを作っている工場巡りしたい!!と妄想は広がります。
私の密かな夢なんです、エルツ地方の工場見学。
いつかは絶対行ってやるのだ!フッフッフッ・・。

スカイビルをあとにし、バイクで今度はスターバックスへ。
マルビルのスターバックスは深夜1時ぐらいまで(だったけ?)あいていて、
めっちゃ遅い時間に行っても(12時過ぎ)、めっちゃ人がいっぱいで、
みんな終電大丈夫なんやろか?といつもびっくりします。みんな元気だねえ。今日も相変わらず人いっぱい。

今日はコーヒーを飲みに来たんじゃなくって、豆を買いに。
我が家のコーヒーはエスプレッソマシーンでエスプレッソを作って、
それにたっぷりの牛乳を入れて、カフェオレにして毎日飲んでいるのですが、豆はいつもスターバックス☆我が家のコーヒーはスターバックス級においしいのです!(豆が一緒だからあたりまえだけど)。
いつも豆がスターバックスの理由が一つあります。

まず豆コーナーで豆を見ていると、すかさず店員さんがかけつけてくれます。もう、本当すぐ、です。豆の説明もいろいろと丁寧。
そして、豆だけを購入すると、なんと!!
豆をひくのに時間がかかりますから、よかったらコーヒー飲まれますか?
と無料でコーヒーを出してくれるのです!(カップは小さいカップです)
このサービスはすごい!!といつもびっくりします。
しかも、これをマルビルのお店でやっても、HEPのお店でやっても、はたまた神戸のお店でやっても、みんな全部同じ対応!!
スタバってすごいなあ・・といつも感心します。
今日はやっつんと一緒にいったので、やっつんの分までコーヒーをくれました。ちょうどコーヒーが飲みたいね、家に帰ったら早速作ろう!と話していたのですが、コーヒーをだしてくれたので、満足。
単純な私たちは、無料でコーヒーもらえるし☆といつも豆がきれたら、ノコノコとスターバックスへでかけるという、まんまと見事にスタバの作戦にはまったお客なのであります。

・・というわけで、明日からまたおいしいカフェオレ生活!
アンキャフェシルブプレ!(フランス語で「コーヒー1杯ください」)
ぬんぬんシルブプレ!!(とりあえず語尾にシルブプレをつけていたらなんとかなるもんなんです、たぶん。)

みなさんの今年の良書3冊は?

JAM POTも年内まで残すところあと5日の営業となりました!
早いですね〜。

先日、中崎町のコモンカフェでコモンカフェオーナーの山納さんと、
お友達のカノさんが、今年の良書3冊を選び、その選んだ本について
トークするイベントがあるというので、行ってきました。

ちょうとカノさんから、山納さんが書いた「コモンカフェ」の本を借りていたところだったのですが、まだお会いしたことはなく、
初めてお会いしました。扇町ミュージアムスクエアにも携わっていた話しなどいろいろと噂は聞いていたので、とにかくすごい人!というイメージで
お会いするのはちょっと緊張しました。
イメージ通り、「すごい人」の独特のオーラがでていました。

山納さんが選ばれた本
・竹中平蔵・佐藤雅彦著「経済ってそういうことだったのか会議」
・松岡正剛著「17歳のための世界と日本の見方 セイゴオ先生の人間文化講義」
・浦沢直樹著「MASTERキートン」

カノさんが選んだ本
・詩と批評 ユリイカ「荒木飛呂彦 鋼鉄の魂は走りつづける」
・山田ズーニー著「あなたの話はなぜ通じないのか」
・渡辺千賀著「ヒューマン2.0 web新時代の働き方(かもしれない)」

・・ということで、二人の話を聞いていると、すごくおもしろくて
全部どの本も読んでみたくなりました。
カノさんは、レジメまで作って、用意周到!さすがです。
おもしろいイベントでした。
※このイベントの内容と、カノさんが選んだ本の内容は、カノさんのブログで書かれていますので、よかったらみてみてください!
カノさんブログ
http://kanotetsuya.blogspot.com/

集まったのは、やっつん、元書店員で現在ブックカフェのカフェスタッフのモモみん、研究所の研究員の方、ミュージシャン(のマドさん)の全員で7人。知らない方を交えて自分が思ったことや感じたことを話しをするのは、なるほど、おもしろいなと思いました。
(とはいえ、私はほとんど発言することなく、聞く一方でしたが・・)

家に帰ってから、借りていたコモンカフェの本を全部読んだのですが
なるほど、と納得。どこかのカフェやバーを借りて、あるテーマについて知らない人たちと話しをするというイベントをもう数年前からされていて、
そのイベントから出会いがあったり、刺激を受けたりと、文化交流を深めるのに、とても力を入れていらっしゃったみたいで。
コモンカフェはそういう場としてはじめられたという、いろいろないきさつを読んでいると、ものすごくコモンカフェが身近に感じられました。
利益を求めるのではなく、若い人たちの文化交流を深める場としてのカフェ。
すごいなあと思いました。

コモンカフェは、日ごとにマスターが替わるカフェ。
本には、毎日の売り上げ、売上金の算出の仕方や、レシピなど事細かに
全部手の内をあかしています。超具体的な数字を書いていてびっくり。
カフェを開きたい人のバイブルにもなる本でした。
普通、そこまでおおっぴろげにしないであろうことを、わかりやすく丁寧に解説しているのを見ると、山納さんがどんなことを思って、コモンカフェをされているのかが、わかります。
すばらしいです。

私の来年の目標は、本を読む!!
活字ぎらいな私は、小説を読むことができません。
小説を読むなら映画を見たいと思ってしまうダメ人間なのですが、
カノさんから、新書のおもしろさを教えてもらって、
来年は、いろんな新書にチャレンジしてみようと思います!
みなさんもおすすめの本があったら教えて下さいね〜。


あんこまん×ジュリー×しらないひと

月曜日に、東京からパンの作家さんfaireさんこと、まちさんがお店に遊びにきてくれました!!
ちょうど、しらないひとさんこと、鈴木さんもお店に来てくれていたので、
大阪土産に!と、鈴木さんがまちさんカップルの絵を披露。


素敵!!

そして、まちさんカップルと鈴木さんとやっつんとみんなで晩ご飯へ。
きゅうりの店でキュウリを食す。

まちさんカップルと別れてから、鈴木さんが我が家にやってきました。
そう、我が家でジュリーの絵を描いてもらう約束だったのです!!


ジュリーと私を描いてくれている鈴木さん。

翌日、ジュリーと鈴木さんとやっつんと4人で作品製作。
私と鈴木さんがコラボして、今月19日からワンプラで始まる
セルフポートレート展に出展するのです。
(セルフポートレート展・・自分で自分を撮った写真を展示するグループ写真展です)
ジュリーを背負って、あんなところやこんなところへ行きました。
ジュリーを背負って、梅田の街にも行きました。
「わあ!かわいい!!」と言ってジュリーの写メを撮っている人がいて、
ちょっとうれしかったです。ジュリー!!

・・というわけで、全国のジュリーファンのみなさん、ぜひセルフポートレート展、見に来て下さいね★
そして、なんと!!12月24日のクリスマスイブには、
ジュリー君がワンプラに登場します!!
ジュリー君に会いに来てください★☆

「セルフポートレート展 鏡よ、鏡。vol.2」
12月19日〜24日、1月4日〜7日
ONE PLUS 1 galleryにて開催
http://one-plus-1.net/exhibition/self_portrait2/self_portrait2.html

ジュリー2号を探しに・・(最終章)

ぎっくり腰、だいぶよくなっているので、大丈夫です!!
ご心配おかけしましたー。

前の休みに、コストコにいってきました。
そう、お母さんが欲しい!とゆったので、ジュリー2号を買いに!!

ジュリー2号の話を読んでいらっしゃらない方はこちら
http://blog.jampot.sunnyday.jp/?eid=649009

ジュリー君いるだろうか・・とドキドキしながら、やっつんとお母さんと3人でコストコへ。
すると!!!

ジュリーの毛らしき、白い物体が遠くで見えたので
かけよってみると・・・・!!


ジュリーの皮でした。

ジュリーのようなフサフサの白い毛のラグマットしかありませんでした・・。
かさばるわりには、単価の安いジュリーは処分されて、皮にされてしまったのかも。

一気にテンションさがり、コストコの食堂でピザをやけ食いしました。

もうジュリーは手に入らないということは、ジュリー君にはかなりのプレミアムがついてるにちがいない!
5000円で買ったから、今で15000円ぐらいの価値があるのかも!
ちなみにこないだタグを発見したら、アメリカ製でコストコオリジナルの商品でした。

12月19日からワンプラではじまる「セルフポートレート展」に
ジュリーと一緒に撮ったセルフポートレートで、私も出展予定!
見に来て下さいね。
もしかしたら、ワンプラにジュリーがやってくるかも?

ジュリー君とピクニックとシャボン玉

みなさん、こんばんわ☆
おまちかね♪今日のジュリーphotoです!


こないだ東京から写真家の平野くんが家に泊まりに来てくれました。
平野君とやっつんとジュリーと3人で話している図。
「そうそう、そうなんだよねー」
ジュリーは大好きなポテトチップスをかかえてちょっとうれしそう。


あ!!
ジュリーが忍者を食べようとしている!ニンニン。

土曜日、アンノテ☆ナイト無事おわりました。
見に来て下さったみなさん、ありがとうございました。
開場のライブハウスのDICEは、友達二人がスタッフさんしているし、
昔はよく見に行っていたし、自分もよくでてたしで、
なんだか我が家に帰ってきた感じで、懐かしかったです。
それに、懐かしい友達にも再会したりと、楽しい1日でした。
打ち上げも楽しかったー。

バンドやっていた時も
メンバーがアル中なまでに酒好きだったんで(うち一人はまさにアル中)、練習の後は必ず飲みにいくし、ライブの後は朝まで打ち上げするし、
宴会だらけのバンドで、というか宴会がしたいがためにバンドやっていたといっても過言ではないバンドでした。
なもんで、昨日のライブイベント後のバンドさんたちとの打ち上げは久々で本当楽しかったのでした。

音楽の友達と雑貨の友達と写真の友達。
ジャンルは違うけど、みんなそれぞれおもしろい人ばっかりで
毎日楽しいな〜と思う今日このごろ。
私は可愛い物も好きだけど、ロックも好きだし、アートも好きだし、アホなことも好きなんです。
いつか全部を融合した何かをやりたい・・。
雑貨とロックとアートとジュリー展!とか。


ジュリー君と夜のお散歩(photo by やっつん)



さてさて、今日はこないだ雑貨の友達とあつまってピクニックをした写真を☆

服部緑地公園でみんなで乙女ピクニックしました。
雑貨作家のまゆみんcinnamonさん、イラスト作家のRokoさん、パン職人の亀ちゃん。そしてなぜか乙女に混じる、やっつん
見た目はおっさんですが、実はかわいいものが好きなんです。
ルンルンとか。ジュリーとか。


みんな一人一品持ち寄り。めっちゃ豪華なピクニックに☆


私たちは、やっつんの手作りシチューとパンを持って行きました。

ごはんを食べたあとは、みんなで遊ぶの巻。
外国製のカードゲームやバンゲームをしたり、
シャボン玉であそんだり。








みんなで。

バトミントンもしたし、よく遊んだ一日でした。

さてさて、11月14日からは、音楽と写真のイベント「耳をすませばvol.2」を開催します!ワンプラで。
両方お好きな方はぜひみにきてくださいませー。



美輪明宏に会うの巻

こないだの火曜日、美輪明宏のコンサートに行ってきました。
以前、友達が美輪さんのショー(トークショー?)かなんかを見に行って、
すごいよかったと言っていたので、前々から興味があったのですが、
たまたま、友達と話をしていたときに、美輪さんの話になって、
興味があって一度行ってみたいと思っているねん〜と言っていたところ、
ちょうど、大阪でコンサートがあったらしく、友達に誘ってもらい、
見に行くことにしました。

一体どんなんなんだろう!!!と興味津々でコンサート会場へ。
会場は、梅田茶屋町のアプローズタワーの地下にある、シアタードラマシティー。
普段、ミュージカルやお芝居などがおこわなれている、割と小さめの会場。

コンサートに来ておられる方は、ザ!老若男女!!
オーラの泉の影響か、若い女の子もたくさん。
もちろん、おばさまからスーツ姿のサラリーマン、おじいさんまでと幅広く。

ブザーがなり、「まもなく開演です」というアナウンスが会場に鳴り響くと、会場にとってもいい匂いが広がって、びっくり。
今回のコンサートは、舞台も衣装もすべて美輪さんプロデュースとあったのですが、匂いまで演出するとは!!やるな!

コンサートは、1部と2部と分かれていて、途中15分休憩があり、全体で3時間。
コンサート、なのですが、半分以上トークでした(笑)
たぶん、オーラの泉のファンの方は、話を聞きに来ているのだろう、と予測して、たくさん話をしてくれているのかも・・という感じがしました。

前半は、昭和初期の歌、後半はフランスのシャンソンという内容で、
歌を歌う前に、その曲のできたエピソードや、時代背景の説明をかなり長く話をして、そして歌を歌う。おそらくはじめのしゃべりの方が歌よりも長い(笑)
昭和初期の歌は、私的にはあんまりよくわからなかったのですが、
後半のフランスのシャンソンはよかった。
やっぱり歌はうまくて、めっちゃ迫力がありました。

美輪さんは、今回は黒髪でした。テレビで見る金髪よりも黒髪の方が似合ってました。
衣装も、ピンクや白のキラキラしたドレスを着ているよりも、シックな黒色のドレスを着ていた方が、かっこよかったです。

最後は、スピリチュアルな話を結構長く話をされていて、
スプリチュアル話が好きな私は、ちょっとうれしかったです。
最後は、お客さん全員総立ちになって、「ブラボー!!」と拍手喝采で幕を閉じました。

テレビで見る美輪さんは、神秘的で崇高な人物のイメージ(神っぽいイメージ?)だったのですが、意外と普通の芸能人でした(笑)
一緒に見に行っていた友達ややっつんも同じように思ったらしく、
友達は「美輪さんとだったら友達になれるわ〜」と言ってました。

コンサートは、生バンドで演奏して、美輪さんが歌を歌っていたのですが、ステージの上は、美輪さん一人だけのオンステージ。
はじめ、カラオケで歌っているんかなあ・・と思っていたのですが、どうやら舞台ソデで演奏しているらしく、結構人数がいそうなのに、どこで演奏しているんだろう??と疑問でした。
もしかして楽屋で演奏しているんやろうか・・?と思うほど。
バンドさん、ずっと隠れていてかわいそうでした。
メンバーがおっさんばっかりだから、舞台にでてくるとむさくるしいので
美輪さんの美意識がゆるさないからなのかしら。

初めての美輪さん。貴重な体験でした。
見れてよかったです。ブラボー★

モテない系とメール

最近、頻繁にBLOGを更新しているので、楽しく読ませてもらっています!というメッセージをもらって、うかれとんちきになって、今日も更新してみます。オホホ。

私がずっと愛読していた、「くすぶれ!モテない系」のBLOGが最終回を迎え、とっても悲しい思いでいたのですが、現在、読者の投稿によるテキストを掲載中。そして、な、な、なんと!単行本になるらしく、これはゲットしなければ!と意気込んでいる次第であります。
そして、イベントも12月に東京で行われるらしく、生で能町さんのモテない系の話を聞いてみたかった〜と、切に思っているわけでして。

「くすぶれ!モテない系」のBLOGをご存じでない方はこちらをどうぞ。
めちゃんこおもしろいです。
http://www.bookman.co.jp/rensai/motenai.html

私は100%モテない系なので、読者投稿もしようかと思ったのだけど、ちょうど投稿募集中の時は、バタバタと忙しかったので断念。
今思うと、投稿してBLOGに掲載されたかったな〜と後悔。

最近、携帯にメールをうつときに、よく思い出すのが、
第15回「モテない系とメール」のエッセイ。
私のメールもしかして見ている?っていうぐらい、ばっちりあたっているのだ。

「モテない系とメール」より抜粋。

(例1)
「今日ダーと新宿に行ったょ(*^^*)でも新しくできた○○のドーナツすごぃ並んでて買えなかったょ〜(T^T)」
「そうなんだ〜大人気なんだね(^_^;) わたしも今度行ってみようかな☆」

(例2)
「今日新宿に行ったんだけど新しくできた○○のドーナツすごい並んでて買えなかったよ」
「ほー。やっぱり大人気なんですな。今度行ってみよ」

 この2つのメールのやりとりには、あまり差がないようで、実は大きな違いがあります。もちろん、上が一般例(モテない系でもまあこのくらいの人はいるでしょう)。下は言葉づかいにかなり厳しいモテない系の例です。

そう、私は、例2のメール。

能町さん曰く、
普通に話せばいいものを、言葉遣いに芝居がかかった工夫をしてしまい、
「この言い方ってかわいすぎる・・?」と思う時に、こんな自分がかわいさを見せることに対して拒否感がうまれ、言葉づかいのベクトルを逆にオタク臭い方ふってみたり、変にオッサンっぽくしてしまったりするとのこと。ストイックなモテない系は、こうしてどんどん自分の言葉づかいに制限を加えていくので、もうガチガチで工夫こらしすぎの文になってゆく、というものなのである。

その代表例が「ですな」「〜ッス」という語尾と「ほー」「ほうほう」という返事らしい。
私見事使っています、先生!!

でも、これは男子にもあてはまるのではないか!とも思うのだけど、どうだろうか。

・・ってこのBLOGからして、テンション高い時は、もろモテない系まるだしですよね。冒頭からして、オホホなんて言っているし・・。

と、そんなわけで、今日は特にネタがなかったので、このへんで。

キュウリとマイケル


ワンプラ開催中の駒形江美写真展「秀美」の、2階の展示コンセプトは
「学校」。学校の教室を疑似体験できたり、教室コントなんかもできちゃいます。写真右の生徒は、一生懸命勉強中。左の生徒は、授業にあきて携帯さわっています(笑)。ちなみに2回ぐらいやっつんと、教室コントしました。

たまにお客様に、「BLOG、見てます!」と声をかけれられることがあって、
いつもしょーもないことばかり書いていてすみません!と言うと
「BLOG、おもしろいです」と言ってくださる方もあって、
純粋にとてもうれしい。

普通、雑貨店のBLOGって雑貨やお店のことを書くのが普通なのかもしれないけど、どうしてもお店をはじめる以前から書いていた日記のように、
しょーもないことや、アホなことや、ジュリーのことなどを書いてしまう。
普通の雑貨好きの乙女からみたら、ひかれているかも・・?とちょっと心配したりもしていたのだけど、そうやって、声をかけてくださる方がいらっしゃると、ああ、楽しんでくれる方もいるんだ!とちょっとうれしくなるのだった。


昨日は、ワンプラで開催された駒形江美写真展「秀美」の初日。
オーストラリアからやってきた駒形さんに会にたくさんの方がきてくださる。夜はみんなで、駒形さんのオープニングパーティということで、キュウリの店(中崎町商店街にある、きゅうりがおいしい焼き鳥屋、鳥造)を予約し、2階貸し切りで宴会。約15名の方がきてくださった。

予約の際に、「お料理はどうしましょう?」と聞かれ、
「とりあえず、キュウリをたくさん仕入れておいて下さい!」とリクエストする。お店に着くと、お店のスタッフさんから「キュウリ、めちゃめちゃ仕入れておきましたんで!!」と威勢のいい声をかけられ、ちょっと恥ずかしい。
キュウリ、15人分をまず頼み、とりあえずみんな有無をいわさずキュウリを食べさせる。みんな、「このキュウリ、いけますね!!」ともりもり食べる。そう、ここのキュウリは一度食べたらやみつきになって、しばらく食べないと禁断症状が起こるのだ。
きっとキュウリを食べたみんなは、1週間ぐらいたったら、禁断症状がでるにちがいない。

駒形さんの旦那さんのオーストラリア人のマイケルも同席。
マイケルは日本語があまり話せない。
知っている日本語で、みんなに話しかける。

「ワタシノニックネームハ、チンミデス!」
どうやら珍味が好きらしい。

「アナタハナゲデテイマス」
「アナタハクソツイテマス」と
みんなに話しかけていて、変な日本語を教え込まれていた。
歯クソ、って初めて聞いた日本語だよ、江美さん!

そんなこんなで、オープニングパーティも無事終わり、
楽しいひとときでした。参加してくださったみなさん、ありがとうございました。
次は10/27(土)12:00〜14:00頃に駒形さんが在廊されます。
駒形さんに会いたい方は、ぜひいらしてくださいね!!

予告!来月ジュリー2号をゲットします!!

実は、私は母親と同じマンションに住んでいて、
私は1階、母親は3階に住んでいる。
たまに、家に遊びに来るので
いきなり家に来て、155cmの巨大犬ぬいぐるみジュリーを見た日にゃ、
(ジュリー・・アメリカ発、大型会員制の倉庫店のコストコで衝動買いしてしまった、全長155cmの巨大な犬のぬいぐるみ。牧羊犬らしい。ジュリーと命名し、我が家の一員となる。ジュリーの画像は、10月18日の日記をご覧下さい)
「あんた、30歳すぎて、そんなもの買って!!」と怒られるもしくはあきれられるにに違いないと思い、こないだ母親の家に遊びに行ったときに
「実は、でかい犬のぬいぐるみ買ってん」と先に言っておいた。
その時のリアクションは「ふーん」というものだったが、
きっと、でかい犬と言ったところで、実際の巨大さを見たら、びっくりするんやろうな・・と思いながら、まあとりあえずこの時点では怒られなかったので、セーフとしておいた。

そして、ついに!とうとう!母親が家に遊びに来た。
勇気を振り絞って「前話した、でかい犬のぬいぐるみ見る?」と聞くと
「ああ、そういえば。どこにおるん?」と言うので、
ジュリーが寝ている寝室にびくびくしながら案内した。
「わあ〜大きいね〜!!なんぼやったん?」と母親。
「こんなに大きいのに、実は5000円やってん!!」
「え!そんなに安いんやったら、お母さんの分も買ってきてくれたらよかったのに!」
「・・・!!!」

こんな巨大なぬいぐるみ犬、絶対見たら「あんたアホちゃうん!?ええ歳してそんなん買って!」とバカにされるか呆れられるか怒られるかのどれかだと思っていたのに、
まさか、お母さんもジュリーが欲しかったとは!!!!
さすが、親子。やっぱりジュリーのツボは一緒だった。

・・ということで、今度親子そろってコストコに行って
ジュリーを買いに行くことにした。
ちなみに、ジュリーという名前は、
昔に飼っていた犬の名前で(本物の犬)、うちは飼う犬の名前は
代々「ジュリー」と名付けると決められていた。
一代目の犬もジュリー、二代目の犬もジュリー。
そう、母親は沢田研二の大ファンなのだ。

「ジュリーをもう一匹買いに行ったら、お母さんの犬はなんて名付けるん?」とたずねてみたら、

「ジュリー2号」
と母。

よっぽどジュリーのことが好きなんだね、お母さん。

・・というわけで、来月ジュリー2号をゲットしにいきます!
ジュリー2号をコストコでうれしそうに買っている親子の写真が
近いうちに見られることでしょう。
ジュリー1号と2号とのショットもすごいだろうなあ・・。

今日、感動したこと

今年の夏、一通のエアメールがJAM POTに届いた。
ニューヨークからの便りだった。

お店で最年少の常連のお客様。
お店をオープンして雑誌に掲載された記事を見て
最初にご来店してくださったのだけど、当時で中学1年生!
でも、落ち着いていてしっかりとしていて、とても中学一年生にはみえなくって、最初は大学生ぐらいかな?と思っていて、年齢を聞いてびっくりした。
雑貨や物作りに興味を持っていて、とても行動的。
お店に来てくれるようになって、物作りやお店の作家さんにも興味をもつようになり、作家さんの雑貨教室や、個展などにも興味を持って一人で電車に乗って遠くまで見に行ったりしていて、びっくり。
私が中学生の頃なんて、一人で電車になんか乗ったことなかったし、
学校以外の周りの人と話をしたこともなかったかも。
中一っていったら、去年は小学生なんだけども、でもちゃんと対等にお話ができて、本当しっかりして、いつもすごいなあ・・と思っていました。
メールやBBSに書き込みしてくれたり、お手紙をくれたり、お菓子を作ってもってきてくれたり、誕生日にはお花をくれたりとか、本当気配りができて、やさしくて、かわいらしい女の子。
まだBBSがあった頃、BBSが荒らされて閉鎖したときに、「大丈夫ですか?何かあったんですか?」って心配してメールを送ってくれたりもして。
なかなかそんな心遣いって、普通その歳でできないと思うんです。
でも、本当やさしい女の子で、すごいなあ・・って感心していました。

お店が年を重ねていくにつれ、当然その女の子もだんだん大きくなっていって、お店が3年を迎えた頃、女の子も中学三年生。
受験で忙しかったみたいで、3年目はあんまり会えなかったのだけど、
夏にハガキを送ってくれて、いつか海外に行くのが夢なんです、というようなことを書いていました。

それから1年。
その彼女がニューヨークからエアメールを送ってくれたのです。
いつか海外にいきたいっていうのを、もう実現したんだなあ・・って
なんだかこちらまでうれしくなって。
高校生になって、部活とバイトで毎日忙しいです、と書かれてあって
元気そうでよかったな・・と思っていました。

そしてその高校1年生になった彼女が、なんと久々に今日お店に来てくれました。ニューヨークでの話を聞くと、な、な、なんと!!
ニューヨークは一人で行ったとのこと。
私はてっきりご家族の方と一緒に行ったんだろうな・・と思っていたんだけど、初海外にして初一人旅。しかもミュージカルを見たい、と思い立って急に決めたんだそう。
高校一年生で、一人で海外に行くなんて、本当すごいなあ・・っと大感心。
私が一人でフランスに行ったのは、海外5回目にしてやっと行ったし、それでも一人で行ったときは、超ドキドキもんでした。
それを、そんな十代なかばでやってのけちゃうなんて、すごいわ〜と。

そして感心することは、それだけではなかった!
「どうしてバイトしてるの?」と聞いたら、
将来製菓の専門学校に行きたいから、その学校の資金を貯めるために・・って話してくれて。
ニューヨークの旅費も、自分で貯めて行ったみたいで。

大学とか専門学校とかって親にお金を出してもらっている人がほとんどだと思うのだけど、若い頃から自分のしたいことを見つけて、そのために努力して・・って本当、すごいなあ・・ってちょっと感動してしまいました。
話を聞いていて、思わず涙ぐみそうになりました。
偉いなあ・・って。
そして、これまた自分の人生を振り返ると、私って結構親に頼りっぱなしだったよな・・と今までのことを振り返り、恥ずかしくなってきて。

何事にも一生懸命で、がんばっている彼女に、私もがんばらなければ!と元気をもらいました。そして、彼女の将来と夢が楽しみだなあ・・と、まるで親のように思い、きっと彼女なら自分の思い描く夢を実現するだろうな、と確信しました。
夢に向かってがんばってください!応援しています。
今日は、すごくうれしい1日となりました。